SUNNYDAY KETCHUPブログ 忍者ブログ
プロフィール
HN:
ひか
性別:
女性
自己紹介:
2009年5月第一子出産。主婦のような感じで生活中。
最近またちょっと真面目にイラストとか描いてます。
ブログはほとんど放置ですが、最近ツイッターはそれなりに活用しておるので、こちら↓で生存の確認をして下さい。
ついったー。
最新コメント
[05/23 タま]
[11/28 つき]
[11/01 タま]
[11/01 つかさ]
[11/01 fuke]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
「私はクリエイターなのよ」って顔して暮らしてたい、そんなこのごろ。
[172] [171] [170] [169] [168] [167]
2018/10/19 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/05/23 (Wed)
なんだか気がついたら件の事故から2週間以上経過しておりました。
事故の時の事、ちょっと詳しく書こうと思ってたのに、あれよあれよと時は流れて行くものですねえ。
あの時はえらいこっちゃと思ったもんですが、わずか2週間でも色々と記憶も感情も薄れて行くと言うか…。
なので、完全に忘れてしまう前に、ちょっと書き留めておこうかと思います。


とか言ってみましたけど。
前の日記でも書いた通り、事故の時は助手席で寝てましたもので…。
「その時」の事は、後から同乗の家族に聞いただけなんですけども。


事故にあったのは、ゴールデンウィークの家族旅行へ行く途中。
運転席に夫、助手席に私(爆睡)、後部座席右後ろに息子(ジュニアシート使用)、中央に義母、左後ろに義父が乗っていました。
田畑の中の直線道路を走っている最中、交差点に右側から、一時停止無視で車が侵入して来て、相手の車の左側面へうちの車が突っ込む形で衝突したようです。

私は衝撃で目を覚ましたんですが、何がおきたのかがすぐにはわからず。
しかもメガネがどこかへ飛ばされていて、周りがよく見えない。
夫がなんか怒りながら車を降りて行ったのは覚えてるんですが、それでもまだ状況を把握してなかった。
周りを見渡してメガネを発見して、うしろを見ると、後部座席の息子はキョトーンとした顔で座っていて、義父母がどうしていたのかは全く覚えてない…。
そしてまず気になったのは、ドリンクホルダーに置いてあった缶コーヒーがそこらじゅうにこぼれてた事。
自分のズボンとかカバンとかがコーヒーだらけになっていて、「これはいかん!シミになる!!」と、横にあった息子のお尻拭きでとにかくコーヒーを拭いたのを覚えています。
今になって思い返すと、エアバックが出ていたのだから、もうちょっと色んな事に気付きそうなもんなんですが、多分まだわかってなかったです。

そうこうしてたら、外から助手席のドアが開いて、誰かが「大丈夫ですか!?すみません!すみません!!」って話しかけてきたんですね。
まあ、それが相手の運転してた人だった訳なんですが。
そこら辺でようやく、「あれ、これコーヒー拭いてる場合じゃないのかも」と気がついて車から降りてみたら、なんだかビックリする程、うちのキューブの前方がひしゃげてた訳なのです。
そして、相手の車は畑へ転落してまして、おお、成る程こいつは事故だったのだなと。
それでも何だかまだ寝ぼけていたのか、事態に脳味噌が反応しきれてなかったのかわかりませんが、「たいへんだー!!!」みたいな感じはなかったです。

後部座席から息子をおろして、2歳児がどんだけこの状況を理解するのかなーと思ったんですが、車の様子を見ると哀しそうに
「ブーブこわれちゃったの?」
「これじゃあ大きなお風呂にいけないよー(旅行の行き先を、「大きなお風呂のあるところ」と説明してたので)」
と言ってたのが非常に印象的でした。
ちなみに、先日正式に廃車手続きの判を押しましたが、息子は今でも毎日のように
「とうちゃんのブーブ、なおったかなー?」
って聞いて来ます


寝ぼけた私がぼーっとしてる間に、夫が警察と救急車を呼んでくれまして、息子と一緒にあぜ道で揚げ餅食べながらそれを待ちまして。
頭の痺れのあった私と、頭と膝を打った義母、同じく膝を打った義父。異常はなさそうだけど置いて行く訳にいかない息子は、やがてやってきた救急車で病院へ行く事になりました。


ここらへんからは今となっては笑い話的な事なんですが…。
救急車の中で心拍数やら体温やら調べてもらっていると、別の救急隊員さんがやって来まして
「助手席に乗ってらしたのはどなたですか!?」
って言うんですよ。
はい、私ですよと言いましたら
「フロントガラス割れてましたけど、頭うったんですか!?」と。
私「いや、うってないと思うんですが…」
救「事故の時の事、おぼえてらっしゃいますか?」
私「えーと、ちょっと寝てたもので…」
救「外傷がないか、確認しますね!」
いや、ちょっと待て。
いくら寝てても、ガラス割れるほど頭打ってたらわかるって…。
とにかく頭に外傷みつからなかったものの、何故かフロントガラスが割れていた事、私が頭痛を訴えていた事から、この後も「頭をうった疑惑」はついてまわるのです


ちょっと長くなって来たので、つづく。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

HOMEnext
忍者ブログ[PR]